胴長屋犬健の島田です。

欲求を満たしてあげようと書いてきましたが、欲求を満たしてあげる方法を間違うと、困る場合もあるので注意が必要です。

どんな時かというと、欲求を満たそう、願望を叶えようとして、要求してくるケースです。

例えば、お腹が空いたとか、寂しいとか、遊んで欲しいとか、そういう理由で吠えるケース、いわゆる「要求吠え」があります。

この場合は、要求吠えをしている時に要求に応えてしまうと、「吠えれば要求が通る」と憶えてしまい、次からは要求が通るまで吠え続けるようになります。

また、散歩の時に自分の行きたい方向に好き勝手に行こうとして引っ張るというのも同様で、それを許していたら危ない上に、楽しい散歩はできないでしょう。(それでも楽しいという人もいるかもしれませんが)

中には、そうすることで飼い主を「従わせた」と思うワンちゃんもいますし、そうなると飼い主さんとワンちゃんの立場が逆転し、飼い主さんの指示を聞かなくなることもありますので注意しなければなりません。

つまり、欲求は満たしてあげる必要がありますが、要求には簡単に従ってはいけないということです。

では、要求している場合は、どうしたら良いのでしょうか?

それは単純に言うと簡単なことで、基本的には、「要求には応えない」つまり「無視すれば良い」のです。

自分の要求は簡単には通らないということを教え、要求しなくても、欲求は満たしてもらえるということを教えてあげましょう。

例えば、要求吠えであれば、吠えている間は無視して要求には応えないようにし、吠え止んで、要求吠えを諦めてから欲求を満たしてあげるなどすれば良いのです。

そして、できるだけ要求してくる前に、先回りして欲求を満たしてあげることです。

ただし、要求に応えないというやり方も、その理由によってケースバイケースになりますので、注意が必要です。

触られることが嫌で、噛むようになっているワンちゃんのようなケースでは、噛むことで「触らないで」と要求しているわけで、その要求を無視して触り続ける(その間噛まれますけれど)というのは、かえって事態が悪化して、本気で噛むようになる可能性も考えられるので、良くありません。

触られること=安全が脅かされると思っている(安全欲求が満たされない)、あるいは、生理的に触られることが嫌なのであれば、その欲求を満たしてあげようと思ったら、「触らない」のが欲求を満たすことになります。

ただし、触らないわけにもいかないので、触られても大丈夫だと教えていく必要があるでしょう。

ちなみに、飼い主さんとワンちゃんの信頼関係がきちんと築かれていて、要求も頻繁でなく、要求の仕方もソフトなものであれば、それを許してあげるのは良いでしょう。

例えば、散歩の時に右に行きたいと思ったら、飼い主さんをちらっと見て、「右に行きたいんだけど」と訴えかけてくるようなワンちゃんであれば、許してあげて良いでしょう。

要求と言うよりも、こうしたいという願望に近いレベルであるため、「要求が通って嬉しい」のではなく、「願望を叶えてもらって嬉しい」と感じるでしょう。

前者と後者では全然違いますね。

吠え方やおねだりの仕方が可愛くて、つい要求に応えてしまう飼い主さんも多いかもしれませんが、皆さんのお宅ではどうですか?

あまりに色々な要求をしてくるということは、要求しないと欲求が満たせない状況にある、つまり、飼い主さんがワンちゃんの欲求に気付いてあげられていないからかもしれませんよ?

ワンちゃんがなぜそんな要求をするか、できれば要求をやめてさせたい、先に欲求を叶えてあげたいけどどうしたら良いか分からない。

そういった方は、胴長屋犬健までご連絡下さい!

ワンちゃんの欲求を満たせるよう、ご協力します!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ    ペットの森 - ペットブログランキング