胴長屋犬健の島田です。

昨日は、Dog Community わんのわにドッグトレーナー仲間が集まり、情報交換がてらBBQをやったりしました。

みんなのワンちゃんも集まると言うことで、社会化不足のクルゾンの人慣れ、犬慣れのためもあり、一緒に行ってきました。

20150526a他のワンちゃんにビビって距離を取っているクルゾン。

わんのわは5回目なので場所には慣れていますし、看板犬のオディールにも少しは慣れたはずですが、他にワンちゃんが8頭も集まるとさすがに緊張が隠せません。

20150526bまわりを警戒しすぎて、移動した私の姿を見失い、見つけた後、直線で向かって来れないので迂回しているクルゾン・・・

20150526c他の子たちは、ちゃんと指示にも従えていたり。

20150526d3時間くらいしたら、余裕が出てきてこの表情です。

美味しいお肉ももらったりしたしね!!

20150526eまだまだ慣れが足りないので、時々逃げ出してしまいますが、ある程度は側にいても平気になってきました。

20150526f何度も会っていて、グイグイ来ない淑女(?)のオディールとは、この距離で一緒にいても大丈夫になりました。
(*^▽^*)

クルゾンの場合、社会化期まっただ中の生後2ヶ月ちょっとでうちに迎えましたが、最初から色々な物を怖がりすぎて、特に犬に慣らすことが困難でした。

最悪だったのは、散歩を始めたばかりの頃に、ノーリードで散歩していたジャックラッセルテリア3頭の内2頭に追いかけられたことが決定打となったのかなと思います。
(襲ってきたジャックラッセルに驚いて逃げようとしたときの衝撃でパピー用の軟弱な首輪が壊れ、走り出したクルゾンの後をジャックラッセルが追いかけ回した)

その後もパピーパーティーには20回以上行ったのですが、苦手を克服するところまでは行きませんでした。

そんなわけで、人も犬も苦手ですが、犬の方が遙かに苦手な状況にあり、特にグイグイ来る子はNGです。

あまりグイグイ来ない子でも、部屋の中ですら慣れるまでにかなり時間がかかります。

屋外では、さらに輪をかけて時間がかかるので、朝夕の散歩で会うくらいでは、何回会えば慣れるのやら見当もつきません。

それでも、最近では、穏やかな何頭かには、何度も何度も会っている内に、少し慣れて来ましたけれどもまだまだです。

人の場合は、部屋の中なら10分も一緒にいればある程度慣れるくらいにはなってきましたが、屋外の場合は、周りの刺激が気になりすぎて、人に慣れるどころではないため困難だったりもします。

しかし、時間をかけて慣らしていくことで、人にも犬にも少しずつ慣れていきますので、成犬になってもあきらめずに社会化を続けることは重要です。

人や犬が苦手なままだと、不安や警戒心から吠えたり、攻撃したりすることも考えられるので、できるだけ早い内に人慣れ、犬慣れのトレーニングはしておいた方が良いと思います。

ただし、段階を追って行う必要があるので、無理はさせないようにしましょう。

愛犬が人や犬が苦手でお困りの際には胴長屋犬健までご連絡くださいね!

ブログランキング参加中!1日1回ポチッと押してもらえると励みになりますので、よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ    ペットの森 - ペットブログランキング