胴長屋犬健の島田です。

山本五十六の言葉に、こんなものがあります。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

人材育成の場面では、よく取り上げられる言葉ですが、ワンちゃんのしつけやトレーニングでも同じことが言えるのではないかと思っています。

なので、タイトルでは「人」を「犬」にもじって、

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、犬は実らず

としてみました。

ワンちゃんにとって、人間社会で暮らすためのルールや、オスワリやマテ、オテなどを教わることは、生きていくうえで必須のことではありません。

それは、あくまでも人間の都合で教えているだけであり、ワンちゃんにとっては、“余計なこと”かもしれないわけです。

しかし、ルールを教えなければ(しつけなければ)、人を噛んだり、吠えたりと言ったトラブルを引き起こす可能性もあり、最悪の場合は殺処分されることになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、飼い主さんの責任として、最低限のしつけをし、必要なトレーニングを行ってあげる必要があります。

そんな、トレーニングに付き合って試行錯誤しながら行動しているワンちゃんの姿を感謝で見守って、例え時間はかかっても、できると信じてトレーニングをしてあげることで、ワンちゃんは人間社会で生きていくために必要なルールをしっかりと学び、成長することができるでしょう。

そんなことを思った今日この頃です。

そういえば、以前「信頼しなければワンちゃんは成長しない」という記事を書いていたことを思い出しました。

例えば、「オスワリ」というコマンドを出したときに、座るまで何度も「オスワリ」と繰り返し言うのではなく、「うちの子はできる!」と信じて、少しだけ待ってあげて欲しいと書いたのも、同じことになりますね。

ワンちゃんとの信頼関係をしっかり築き、飼い主さんを信頼してもらうためにも、ワンちゃんも信頼してあげて下さいね!

そんなわけで、しつけやトレーニングにお困りの方、あるいは信頼関係の築き方にお困りの方は、胴長屋犬健までご連絡くださいね!

ブログランキング参加中!1日1回ポチッと押してもらえると励みになりますので、よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ    ペットの森 - ペットブログランキング