胴長屋犬健の島田です。

パーソンラッセルテリアのJくん(♂1歳半)ですが、先日のレッスンでは、リコール(オイデ)の強化とお散歩練習をしました。

アイコンタクトはばっちりになっているし、オイデと呼べば来ることは来るのですが、Jくんはゆっくりと歩いてきます。

本当は、オイデと呼んだら、ダッシュで駆け寄ってくれるくらいになって欲しいのです。

そのくらいになれば、散歩中の引っ張り防止や、もしもの場合に呼び寄せなければならないときにも安全に対処できます。

そこで、のんびりやってくるJくんに、いかに駆け足でやってきてもらうか、色々試してみました。

・・・あっさり解決(笑)

オヤツだと駆け足になるほどにはモチベーションが上がらないようなので、オモチャをご褒美にしてみただけです。

案の定、何度か練習したら、結構なスピードでやってきてくれるようになりました!

呼ばれて近づいてみたら、遊んでもらえるわけですから、足早にもなろうってものです。

これを繰り返せば、いつでも足早に来てくれるようになるでしょう♪

ただ、Jくんのように素直な子だと大丈夫だと思いますが、オモチャで釣って来させていると、オモチャがないとゆっくり来る子になる可能性もあるので練習の仕方には注意が必要ですよ。オモチャはあくまでご褒美なので。

ついでに、オイデと呼ばれたときに、置いてあるオモチャの方に勝手に行かないように練習(NRMで阻止する)をしてみましたが、Jくんは一度失敗したら覚えて、ちゃんと呼んだ人の方に来るようになりました。

優秀ですね~

オモチャを無視してオイデ

その後は、外に出てお散歩練習です。

前回は、後半、少し引っ張り気味になったりしていましたが、今回は少し前に出ることはあっても、強く引っ張ることはありませんでした。

日頃も大分横について歩けるようになってきたとのことで、毎日の練習の積み重ねが現れてきていますね!

更に、今回は屋外でマテの練習もしてみました。

室内ではパーソンラッセルテリアらしからぬ落ち着いた様子のJくんですが、屋外では「猫」などを見ると追いかけたくなってしまうテリアらしい行動が出てきます。

急に追いかけたりすると危険ですから、いずれは無視できるレベルまで持って行きたいところです。

今は無視できませんから、足早に通り過ぎるか、あるいは突進するのを止めて、オスワリ、マテをさせて防ぐことにしました。

そこで、ちょっと人通りもある場所でマテの練習をしてみましたが、さすが集中しさえすればJくんは優秀です。

屋外でマテの練習

しっかりマテできています!

徐々にもっと刺激が多い場所で練習していくことで、いずれどんな場所でも、状況でも落ち着いて待てるようになるでしょう。

次回は最終回ですが、振り返ってみると、最初の頃はオスワリもできなかったJくんが色々できるようになってきました。

最終回は、トリックを教えることになりましたが、それもあっという間にできるようになりそうで、楽しみです♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ    ペットの森 - ペットブログランキング