胴長屋犬健の島田です。

先日、パーソンラッセルテリアのJくん(♂1歳半)の最後のレッスンをしました。

最後はハウスの練習とトリックで「オテ」の練習、そして散歩練習もしました。

すでにJくんはサークルとサークル内に置いてあるクレートの両方で大人しくしていられますが、指示をしてハウスに行くことはできないので、「ハウス」の指示で行けるように練習しました。

最初は「ハウス」のコマンドは付けず、指さし(ハンドターゲット)で入れるように練習します。

とりあえずサークルに入れるように練習してみたのですが、何が気になるのかわかりませんが、サークル内まで手を入れればハンドターゲットの成果で手を追って入っていくものの、手の位置をサークルの入り口あたりで止めたときは、入り口で止まってしまいます。

ハウストレーニング(サークル)

やり方を工夫しながら練習してみたものの、時間がかかりそうなので、クレートに入れるようになれば、クレートを置いてあるサークル自体にも入れるはずですので、方針変更してクレートに入れるように練習することにしました。

最初はクレートの中に手を入れたり、オヤツを投げ込んだりしても躊躇していましたが、徐々にスムーズに入れるようになりました。

ハウストレーニング(クレート)

後は練習を繰り返し、クレートから離れた状態でクレートを指させば入れるようにすることですね。

「ハウス」のコマンドを付けるのはその後ですが、Jくんのことですから、すぐにコマンドで入れるようになるでしょう。

次は、オテの練習ですが、Jくんは難敵でした(笑)

Jくん

Jくんは、これまでのレッスンでも、私に前足をかけてくるということがほとんどない上に、前足を触られるのが苦手なのです。

通常は、“自発的に”人の手に前足をかけてくれるようにして教えていきますが、Jくんのように自発的に前足をかけてくれない場合は、いつものやり方では時間がかかることがあります。

もっと時間をかけられる場合には、自発的な行動を促して練習した方が良いですが、今回は人が前足を持ち上げて手のひらに乗せるよくある練習に変更しました。

ただ、Jくんは前足を触られるのも苦手で、触ろうとするとちょっと避ける傾向もあるため、まずは前足を触られることを嫌ではなくしていく練習から始めるようにアドバイスしました。

なので、オテについてはやり方をレクチャーしてお終いになりました(残念)

最後に、屋外で散歩練習をしましたが、以前よりは大分散歩も楽になっているものの、Jくんは家の中とは打って変わって、テリアらしい行動をするようになります。

猫や鳥など、気になるものがあったらロックオンして、放っておいたら駆け寄ろうとして危険です。

Jくんの散歩練習

以前から散歩練習をしてきた成果も現れ、飼い主さんも徐々に馴れてきたこともあり、最初の頃に比べたらアイコンタクトも取れるようになりましたし、うまく対処できればスルーできる場合もあるので、今後も毎日の散歩でしっかり練習して欲しいと思います。

というわけで、オスワリもフセもできず、散歩も恐る恐るだったJくんは、全12回のレッスンで色々できるようになりました!

まだまだ飼い主さんと一緒に学んでいかなければならないことは多いですが、パパさんもママさんもJくんのことをしっかり考えてくれているので、何も心配はいらないと思います。

なかなかうまくいかなくて困った時は、ご連絡いただければ飛んでいきますので、今後も楽しみながら練習して下さいね!
\(^o^)/

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ    ペットの森 - ペットブログランキング