胴長屋犬健の島田です。

先日、カニンヘン・ダックスフンドのCちゃんの4回目のレッスンに行ってきました。

ちょっと臆病なCちゃんですが、4回目ともなると私にもかなり慣れてくれました♪

前回までは、玄関に入るとオヤツをもらうまで少し距離を取っていたのですが、今回はドアが開いた途端、飛びついて歓迎してくれました♪(o´∀`o)

インターフォン越しの声で私とわかったようで、大歓迎してくれたのです☆

Cちゃんは、家族として迎えられた時期が遅く、そのため社会化が不足しているだけで、本来は人が好きな性格だと思うので、上手に人に慣らしていけば誰でもウエルカムな子になってくれるかもしれませんね♪

さて、前回は『オイデ』(呼び戻し)の練習をしましたが、今回はオイデの復習と『マテ』の練習をしました。

Cちゃんのオイデは、まだまだといったところ。

レッスン中は、てててっっと走ってきてくれることが多かったのですが、日常生活では来てくれないこともあるそうです。(^_^;

もちろん、100%来てくれるようになるのは難しいと思います。

うちの看板犬クルゾンの場合も、「オイデ?それって何だっけ?」って顔でこっちを見たまま来ないことや、「やだよ、そっちにデカいワンコいるじゃん」って顔をして来ないこともあります(笑)

ワンちゃんは奴隷ではないので、指示に従う義務はなく、指示に従わない『拒否権』があります。

日常生活の中でどう接しているかで、『指示に従う』か『指示に従わない』か、どちらを選択する割合が高くなるか決まってくるでしょう。

もちろん、ワンちゃんの個性もあるので、生まれつき従いにくい子もいるとは思いますが、接し方によっては大分違ってくると思います。

なので、「呼ばれて行けば良いことがある」(オヤツがもらえる、遊んでもらえるなど)と思ってもらうように、日頃から気をつけて接し、呼んだ人のところに行くのが『当たり前(習慣)』になるまで繰り返し練習しましょう!\(^O^)/

Cちゃんが嬉しそうに飛んでくるくらいになるまで、今後もしっかりオイデの練習を続けてくださいね☆

次に『マテ』の練習ですが、これはまったく文句なし!

最初は動いてしまうこともありましたが、すぐに何をしたら良いのかわかったようで、オスワリしたままじっと待っていてくれるようになりました!(^▽^)

これまでにオイデの練習をする際、待たせておいてから呼ぶこともあったそうで、その影響で待てるようになったようです。(゚o゚)

練習するうちに30秒くらいなら動かずにいられるし、人が5mくらい遠ざかっても戻ってくるまで待っていられるので、次の段階に進みました。

マテをしているCちゃんの周りを人が回ってもじっとしている練習です。

さすがのCちゃんも、飼い主さんが周りを回ると気になって仕方なく、どうしても釣られて動いてしまいます★

最初からできる子は滅多にいませんが、少しずつでも回れる角度を大きくしていくように練習すれば、いずれできるようになります。

そうなれば、更にその先のマテの練習へ進めます!

次回のレッスンが楽しみです♪(*^o^*)

オイデと呼んでも来てくれないとか、ちっともマテができないなど、ちょっとしたことでお困りの飼い主さん、些細なお悩みでもかまわないので胴長屋犬健までお気軽にご連絡くださいね!(^ω^)ノ

一緒に楽しく練習していきましょう!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ    ペットの森 - ペットブログランキング